勝龍寺城公園

勝龍寺城は暦応2年(1339)、足利尊氏の命により細川頼春によって築城されました。 天正6年(1578)、明智光秀の娘、玉(後のガラシャ夫人)が、細川忠興に嫁ぎ、2年間、この城で幸福な新婚時代を過ごしました。

本能寺の変の後、山崎の合戦では光秀がこの城に本陣を構えました。 勝竜寺城公園は平成4年(1992)、勝龍寺城跡に造られた都市公園で、「日本の歴史公園100選」にも選ばれています。

管理棟には資料展示室が設けられています。 毎年11月の第2日曜日、玉の輿入れ行列の再現などによる「長岡京ガラシャ祭」がこの公園を中心に盛大に行われます。

 

トイレ有駐車場有公共交通機関

開園時間 : 4月から10月 9:00〜から18:00
        11月から3月 9:00〜から1:00
入 園 料 : 無料
休 園 日 : 毎週火曜日
     (ただし、4月の最終週と5月の第1週のゴールデンウィークと 11月の長岡京ガラシャ祭
      前週及び国民の祝日に当たる場合を除く)と12月28日から1月4日までです。
駐 車 場 : P有り
そ の 他 : トイレ有り
花の見頃 : 桜 4月上旬
イベント : 名月の宴 9月
        長岡京ガラシャ祭 11月第2日曜日

アクセス

 大きな地図で見る
  • 所在地:長岡京市勝龍寺13-1
  • 電 話:075-952-1146
  • 交 通:JR長岡京駅から700m(徒歩10分)

みどころ

  • 細川忠興 玉夫妻の銅像
  • 桜が満開の勝竜寺城公園
  • 堀を囲むようにきりしまつつじが咲きます
  • 9月には伝統芸能を楽しむ「名月の宴」が行われます
  • ガラシャおもかげの水は100%地下水でマイルド
  • 周回式の美しい庭園
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

戻る